自己催眠の本のおすすめ

00717e1712df76ce664f1ec40ed90053_s

自己催眠という言葉を耳にしたことがあると思います。
最近では本も多く出版されており何かに行き詰まりを感じた時に
読んで参考にしてみるのもおすすめです。

何か大勢の人前で発表するためにしゃべったり、
あるいは緊張感のあるスポーツの試合前際には
ほとんどの人は緊張しますよね。

それがある程度覚悟を決めてどうにでもなれ、
いざとなったら開き直れる性格の人には無用なことかもしれませんが、
中にはどうしても極度の緊張状態に陥り、
駄目になってしまう人も中にはいらっしゃいます。
自分ではわかっていてもどうしても固くなってしまう。

そんな方におすすめなのが、自己催眠です。

自己催眠とは簡単にいいますと、
自分に暗示をかけることで軽い催眠状態になって
その状態で瞑想しながら無意識に出てくるよいイメージを
あるがままにイメージしながら瞑想にふけって
いやな事や悪いイメージを出さないように
常によいイメージを映しだすこと。

いわば自ら自分に自己暗示をかけることをいいます。

早速いくつか今からでも簡単にできる方法を少々お教えしますと、
一番誰にでもできる方法が呼吸による方法です。

ゆっくりと深い呼吸をしながら
よいイメージを膨らませていきます。

静かにリラックスできる場所でできれば一番静かな夜寝る前や、
あるいは結構おすすめなのが「朝」特に「早朝」です。

ぜひやってみてください。

また、もっと本格的に自己催眠を知りたい方は、
たくさんの本なども売られていますので、
ぜひそれらを参考にしながら行っていってください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。